快適な住宅住まいにするための一手間とその知識

見積もりの発行

建築見積もりには外構工事は含まれていない

建設の見積もりには幾つか段階が有ります。最終的な見積もりは、契約直前に発行されるものであり契約者と施行者が入念に検討を重ね最終設計が終了したものとなります。 この1段階目における見積もりで外構工事費用が含まれていない場合があります。また、外構工事費用が含まれていたとしても、施行者がおおよその概算として計上している事もあります。実際に建築と外構工事は別々に取り扱われる傾向にあり、外構工事はハウスメーカーが依頼した別業者が施行するものとなります。 新築の場合、建物構想のみに走りがちとなり外構構想が疎かになってしまうケースがあり契約直前あるいは契約直後に変更したくなることもあります。これは費用の増大につながりかねないので十分な注意が必要となります。

外構構想はなるべく早い段階で

見積もりが発行される時点で、担当者から外構工事についても説明が行われる事は当たり前ですが、見積もり発行から契約までの期間は非常に短期間です。建物に関して自信が望んでいた構想は以前から持っている傾向にあるのに対し、外構となればイメージが湧かないものです。 イメージが湧かないことによってやむを得ず提案されたものにとならないためにも、早い段階から外構構想を立てておくことが重要です。外構構想においては様々な症例を観ておくことが一番重要であり、この症例と同じようにしたいという事が一番の近道です。モデルハウスや実例する家を見学した時に、建物だけに捉われず外構にも目を配って外構構想を練ると良いでしょう。外構工事では建物同様、非常に細かい資材、材質などが存在するので長い期間を設けた入念な構想計画が必要になります。